更年期障害をホルモン療法で治せる?

更年期障害をホルモン療法で治せる?

更年期障害の治療法の一つとして、ホルモン療法といわれる方法といわれるものがあります。女性ホルモンの分泌量が減ってしまうことによって、更年期障害になるわけですが、その女性ホルモンを薬剤で女性ホルモンを取り入れるようにして、治療をしていくという方法となっています。

 

エストロゲンだけを取り入れるようにする方法と、エストロゲンだけではなくプロゲステロンも取り入れるようにする方法があります。また、周期的服用と連続的服用の二つの服用方法があります。

 

更年期障害の中でも、睡眠障害やめまい、冷え、発汗、肩こり、息切れ、頭痛といった症状に対して効果が現れやすいといわれています。

 

これ以外にもホルモン療法とをすることによって、認知症予防やコレステロール値や骨粗しょう症の予防をすることも可能となるとされています。

 

更年期障害におけるホルモン療法はメリットしかないように見えるかもしれませんが、人によってはあまり効果が現れなかったり、原因によっては効果が全くないということもあります。

 

また、ホルモン療法をしたいと思っていても、体質や持病によっては、ホルモン療法による治療をすることができません。